CSR・環境方針

AKS 企業行動憲章

当社の全役員および全従業員が企業の社会的責任を深く自覚し、日常の業務遂行において関係法令を遵守(じゅんしゅ)し、社会倫理に適合した行動を実践するために、この企業行動憲章を定めます。

1.持続可能な経済成長と社会的課題の解決
イノベーションを通じて社会的に有用で安全な製品・サービスを開発・提供し、持続可能な経済成長と社会的課題の解決を図ります。
2.誠実な企業活動
遵法精神に基づき、公正・透明・自由な競争を行うとともに、政治・行政ならびに市民および団体との健全かつ正常な関係を維持します。
3.法令等の遵守
国内および海外の各種法令や社会規範および会社規定を遵守し、良識ある企業活動を展開します。
4.人権の尊重
一人ひとりの基本的人権を尊重するとともに、国籍・人種・社会的地位・年齢・性別・出身・障害の有無・宗教・信条・既婚・未婚などを理由とした差別や不利な扱いを一切行いません。
5.情報の開示と管理
ステークホルダーはもとより、 広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を積極的かつ公正に開示します。また、個人情報・顧客情報をはじめとする各種情報の保護・管理を徹底します。
6.環境保全
環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、企業の存在と活動に必須の要件として、主体的に行動します。
7.職場環境の充実
働くすべての人々の多様性・個性を尊重し、従業員の能力を高めます。また、健康と安全に配慮した働きやすい環境を確保し、ゆとりと豊かさを実現します。
8.社会貢献活動
良き企業市民として、積極的に社会貢献活動を行います。
9.反社会的勢力への対応
社会秩序や健全な企業活動を阻害する恐れのあるあらゆる団体や個人などからの要求に対しては、毅然(きぜん)たる態度で臨(のぞ)み、その要求には一切応じません。
10.グローバル化に対応した活動
事業活動のグローバル化に対応し、各国・地域の法律の遵守、人権を含む各種の国際規範の尊重はもとより、文化や習慣、当該国・地域の経済社会の発展に貢献します。
11.本憲章の遵守
経営トップは、本憲章の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先(そっせん)垂範(すいはん)の上、社内ならびにグループ企業にその徹底を図るとともに、サプライチェーンとも協力をしていきます。また、社内外の声を常時把握し、実効ある社内体制を確立します。

株式会社天辻鋼球製作所

取締役社長 篠本 正美

制定 2006年6月05日

改定 2020年6月15日

AKS 環境方針

基本理念
我々は、地球環境の保全が最重要課題の一つであることを認識し、かけがえのない地球環境を守り、住みよい地球環境を次世代へ引き継ぐことを目指して活動します。
環境行動指針
ボールの生産における環境影響を的確に認識し、以下の指針に基づく、環境マネジメントにより、継続的改善を図ります。
  • 1.地球温暖化の防止
    • 節電取り組みをはじめとし、生産設備の省力化や生産性の向上により、電力、燃料の消費を抑え、温室効果ガス排出量の削減に努めます。
  • 2.環境負荷物質の低減
    • 地球環境の負荷を低減する為に、環境に影響を与える化学物質の使用を抑制します。
  • 3.循環型社会への対応
    • 循環型社会形成の為、生産活動における水や油等の省資源を進めるとともに、廃棄物の発生量を抑制し、リサイクルを推進します。
  • 4.法的およびその他要求事項の遵守
    • 環境に関わる法令、条例および利害関係者の要求などを遵守するとともに、自主基準の設定により、管理を徹底します。
  • 5.環境意識の向上
    • 社内における環境教育と広報活動により、全従業員の環境方針の理解と意識の向上を図ります。
  • 6.地域社会との共生
    • 関係諸官庁や地域住民とのコミュニケーションを通じ、環境保全ならびに生態系保全の活動に積極的に取り組みます。

環境管理総括責任者 出口 雅一

制定 2000年4月14日

改定 2020年6月15日

AKSでは環境に配慮し、本社工場と滋賀工場に太陽光発電システムを導入しています。

本社工場

滋賀工場