沿革

1920年 大阪市淀川区十三において自転車用鋼球の製造に着手
1933年 資本金50万円をもって株式会社に改組するとともに軸受用鋼球その他鋼球の製造に着手
1934年 本店を大阪市西区へ移す
1938年 東京出張所を設置
1939年 大和田工場(現本社工場)新設
1943年 泉南工場新設
1946年 大和田(現本社工場)、十三、泉南の3工場賠償指定を受ける
十三工場、賠償指定解除
1949年 東京・大阪株式市場に上場
1951年 大和田、十三工場とも日本工業規格(JIS)表示の許可を得る
泉南工場、賠償指定解除を受け売却
東京出張所を廃止し、新たに東京支店を設置
1952年 大和田工場(現本社工場)、賠償指定解除
1954年 本社を大阪府門真市(現本社工場)へ移行
1955年 名古屋出張所を設置
1961年 堺天辻鋼球製造株式会社に出資
1962年 十三工場、自転車用炭素鋼球日本工業規格(JIS)表示の許可を受ける
日本工業規格(JIS)表示許可優良工場として通商産業大臣賞を受賞
エイケイエス販売株式会社を出資設立
1967年 十三工場を大和田工場(現本社工場)に併合移転完了
1969年 新日本鋼球株式会社に出資(現 AKS東日本株式会社)
1973年 滋賀工場新設
1977年 滋賀工場日本工業規格(JIS)表示の許可を得る
1985年 衛生管理優良工場として労働大臣賞を受賞
1988年 アメリカ工場新設(NSK-AKS PRECISION BALL COMPANY)
1989年 イギリス工場新設(NSK-AKS PRECISION BALL EUROPE LTD.)資本金21億1百万円に増資
1991年 本社新社屋完成
1995年 ISO9002認証取得
2000年 インドネシア工場新設(現 PT.AKS PRECISION BALL INDONESIA)
名古屋出張所を名古屋支店に昇格
2001年 ISO14001の認証を取得
2002年 ポーランド工場新設(AKS PRECISION BALL POLSKA SP.ZO.O)
2005年 ISO/TS16949認証取得

中国工場新設(愛克斯精密鋼球(杭州)有限公司)
2006年 日本精工株式会社のグループ会社となる
2008年 本社と滋賀工場に太陽光発電システムを導入
滋賀工場に新工場を増設
JISマーク表示制度の改正を機に、全工場が旧JISマーク表示認定工場を辞退
2010年 OHSAS18001(国際的な労働安全衛生管理規格)の認証を取得
2018年 IATF16949 認証取得
2021年 エイケイエス販売株式会社を吸収合併